本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

宝珠院TEMPLES & SHRINES

この地方で禅宗寺院は珍しく、旧相楽郡内に2寺を数えるのみである。
どのようにして禅宗が当尾に入ったかは明らかでない。

元禄10年(1697)の寺社改めの時、すでに越前国永平寺末としてこの寺の存在が記録されている。

西小浄瑠璃寺の檀家である辻地区の人々が信徒となって寺院を護持している。

境内には、高さ168センチ鎌倉時代の五輪塔や、優れた地蔵石仏が安置されている。

名称 曹洞宗 宝珠寺
年代 創建不詳 本堂は平成初期に改築
銘文抄
所在地 加茂町辻広垣外
アクセス 当尾線バス停 当尾公民館隣