本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

赤地蔵TEMPLES & SHRINES

勝風墓地入口左手にある地蔵(総高a、像高50a)で、地元では赤地蔵と呼ばれ、木漏れ日の中に立つ姿は美しく、風化はほとんど認められない。

赤は閼伽と書き、梵語ではアジャと発音する。意味は供養・功徳である。 永禄8年は1565で、室町後期の作品である。

名称 赤地蔵
年代 室町時代後期
銘文抄 永禄八年
所在地 加茂町勝風ワタラヘ
アクセス 下手口バス停より徒歩森八幡経由・勝風口バス停より徒歩