本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

神福寺跡TEMPLES & SHRINES

森八幡神社裏山の融通念仏宗の廃寺跡で、創建時は不明であるが、享和三年(1803)の当尾郷寺社改には記載されている。

本尊は十一面観音(像高120a)で、明治7年(1874)の廃仏後は、森の公民館に保管されている。 現地には、阿弥陀と地蔵が上下に彫られた双体石仏(高さ100センチ)が残っている

名称  神福寺跡
年代 不詳
銘文抄
所在地 加茂町森上垣外
アクセス 下手口バス停より徒歩15分