本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

藪の中三尊磨崖仏TEMPLES & SHRINES

浄瑠璃寺の東方、東小集落中程の藪中、花崗岩の岩肌にに彫られた三体の磨崖仏。
中尊地蔵立像 (総高 196cm 像高 153cm)中央正面 錫杖を持つ地蔵菩薩立像。額の小さな穴は白毫のはめられた跡で石仏では大変珍しい。
阿弥陀如来坐像 (総高 130cm 像高111cm )中尊の向かって左袖のように出た岩肌にある。十一面観音菩薩 (総高 138cm  像高 113cm )中尊の向かって右に錫杖を持つ長谷寺型の様式である 銘文から、ここは東小田原寺の塔頭浄土院であったことが分る。
弘長2年(1262)は釈迦寺の阿弥陀石仏と同じ年代で、当尾石仏中最古の銘をもつものである。

     
名称  藪の中三尊磨崖仏 (中尊地蔵・阿弥陀如来・十一面観音)
年代 弘長二年(1262年)
銘文抄 東小田原西谷浄土院 願主 沙彌浄法比丘尼善阿弥陀仏 千手女僧戒万
与力衆僧増願僧九縁清太郎良僧 弘長二年壬戌四月廿四日
刻彫畢大工橘安縄 小工平貞末
所在地 木津川市加茂町東小東山  (東小田原寺塔頭浄土院跡)
アクセス 東小バス停すぐ