本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

笑い仏・ねむり仏TEMPLES & SHRINES

 

石仏の道・みろくの辻の磨崖仏からカラスの壷へ抜ける山道の途中、右土手の上にある。前方の谷合から遠くに生駒山が望める。  
当尾の石仏を代表する名品で、中尊は上品上生の定印を結ぶ阿弥陀如来坐像、 像高76a、舟形光背の厚肉彫り、脇侍は蓮台を持つ観音菩薩と合掌する勢至菩薩の三尊である。巨大な屋根石が廂のように出ていて、 頂部前方に溝が彫られているので風雨を防ぎ磨耗が少ない。優しく微笑むような表情からわらい仏と呼ばれるようになった。
  平重衡の南都焼き討ちにより消失した東大寺再興のため、中国から招かれた石工伊行末の子孫、末行が作者である

 

わらい仏のすぐ左横で半ば土に埋もれて首だけを地表に出している地蔵菩薩像である。
南北朝期の作と思われ、像高は定かでないが錫杖を持つ坐像で、伊派の石工行経の手によるものかもしれない。
村人の信仰が厚く、古くから埋もれているそうだ。

    
名称 阿弥陀三尊磨崖仏(笑い仏)
年代 永仁七年(1299年) 鎌倉時代 
銘文抄 永仁7年二月十五日  願主岩船寺住僧□□ 大工末行
所在地 木津川市加茂町岩船三大
アクセス 岩船寺バス停より石仏の道を徒歩約10分