本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

一願不動TEMPLES & SHRINES

岩船寺手前から石仏の道を浄瑠璃寺に向かって下って行くとクヌギの大木やホウノキが繁り、そこから階段を下ると竹林の中の巨石にちょっと変わった姿の不動明王が刻まれている。
 岩の高さ5m、火焔を含む像高160cm、花崗岩の岩肌に薄肉彫りされた立像で、ギョロリとした目、口を固く結んだ表情や180度に開いた両足の表現など、どこかユーモラスな感じがする。
 一心に祈れば一つだけ願いが叶えられると言われ、一願不動と呼ばれている。

名称  岩船不動磨崖仏〈一願不動〉(府指定文化財))
年代 鎌倉時代
銘文抄 弘安十年(1287)丁亥三月廿八女日 於 岩船寺僧  令造立
所在地 加茂町岩船八丁
アクセス 岩船寺より石仏の道300m程 最初の石仏