本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

山城国分寺跡TEMPLES & SHRINES

聖武天皇の勅願により恭仁京遷都が発表されて間もない天平13年(741)初の頃、正しくは光明四天王護国寺という。

例弊小字中切一帯と伝える。現在恭仁小学校の北側には東西に伸びた長い土壇があって国分寺の金堂址といわれ、同校の東、旧字塔1本と称する田畑の中には15個の大きな礎石があり国分寺の東塔址と伝えられる。礎石はいずれも花崗岩製で、中央に円形の作り出しを設け柄(ほぞ)を刻み出した天平様式のもので、中には横に矩形の狭間石を作り出したものも見られる。寺域は3町(330m)周囲を土塀でめぐらし、南の正面にあたる南大門を入ると金堂、右手に七重塔があった。と推定されている。

出土した遺瓦によって平安時代より鎌倉時代にわたって存続し堂塔の修理などが行われたことだけが知られる。もとは東大寺に属したが後に興福寺末となり、現在は真言宗智山派に属する国分寺の名を継いだ小堂がわずかに残っているにすぎない。