本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

二ツ井(樫ノ井・柏ノ井)TEMPLES & SHRINES

二ツ井は、井平尾の信楽街道と笠置への伊賀街道との分れ道の下、和束川沿いにあります。
井戸は南北二ヶ所にあって 北を「樫ノ井」、南を「柏ノ井」と呼びます。俗には、「夫婦井戸」または「菜切り井戸」とも呼ばれ、当地方屈指の名水と言われ今なお清冷な井水を湧き出しています。
井戸の周辺には村井、井上、井久保などの井戸に関わりのある姓が多く、住民と井戸の深い関りを物語っています。

(樫ノ井)

柏の井の傍らにある「菜切り石」
弘法大師が菜を切ったとの言い伝えがあります。
村人が使った包丁の刃の跡があります。

(柏ノ井)

(写真右:弘法大師霊場 菜切石)

          
名称 二つ井
年代 774年〜835年
銘文抄 弘法大師
所在地 木津川市加茂町井平尾岸の上
アクセス 井平尾バス停東へ5分