本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

東福寺TEMPLES & SHRINES

 

本尊は地蔵菩薩で、平安後期のものである。宗旨は代々真言宗である。
徳川幕府の宗教政策により、延享2年(1745)の檀家制度下における海住山寺の本末関係によると、海住山寺の塔頭蔵之坊の里方末寺となっている。
現在の建物は、昭和53年(1978)井平尾区民の浄財によって改築された。
浄土宗西山光明寺派楊谷寺の千手観音菩薩の分身が明治2年3月6日に開眼供養され安置されている。
眼病に霊験あらたかと今も毎月17日には、区内外からの参詣がある。

名称   東福寺(布当山東福寺)
年代  創立の時期や誰が開基したか等の文献は残っていない 
所在地  木津川市加茂町井平尾
アクセス  井平尾春日神社より南西へ徒歩約5分