本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

まぼろしの大仏線TEMPLES & SHRINES

明治31年に加茂〜大仏駅・翌年に奈良駅までの全9.9km間で開通しました。当時は、大仏参詣の人たちで賑わったそうですが、途中の黒髪山付近の勾配がきつく、外国製最新式の蒸気機関車も運転には苦労したようです。勾配に差し掛かると、乗客は全員降りて列車を押し、坂を登りきると再び乗り込んだ、という話も残っています。その後、加茂〜奈良間に新しいルートが開かれ、わずか9年余りで廃止されました。

・大仏線遺構

 加茂町観音寺地区に3ヶ所(新旧橋台・小橋台・南橋台)

 木津町に2ヶ所あります。(梶ヶ谷トンネル・赤橋)

 保存状態もよく周囲の田園風景とも調和しています。

名称 まぼろしの大仏線跡
年代 明治時代
銘文抄
所在地 木津川市加茂町観音寺、木津町
アクセス JR加茂駅西口からランプ小屋〜SL〜架橋跡