本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

常念寺TEMPLES & SHRINES

 

常念寺は里の集落の南方にあります。もとは平野部にあったお寺で、江戸時代に水害に見舞われ高台に移って再興されました。室町時代に念仏と法話を行う念仏道場を開いたのが始まりと言われています。 本堂前の広場横にある大きな石は、大阪城修復の際、籐堂高虎の指図で切り出された石のひとつです。

常念寺には驚くほど多くの仏像が安置されています。
大黒さま、釈迦三尊像、薬師如来像、地蔵菩薩像、仏涅槃図(重文)、地獄の冥官たちなど・・・・・。

名称 常念寺
年代 江戸時代中期
銘文抄
所在地 木津川市加茂町里
アクセス JR加茂駅東口から南へ約1q