本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

御霊神社(南北朝時代 重文)TEMPLES & SHRINES

 

新川にかかる橋を渡り、小高い森に向かって真っ直ぐに石段をのぼると朱塗りの鳥居をもつ神社が静かなたたずまいを見せています。
御霊神社は三間社流造の社殿で、一説に奈良の氷室神社の社殿を移してきたとも言われ、 鎌倉末期から南北時代の建立と考えられ重要文化財に指定されています。
 檜皮葺の社殿は前面向拝の柱間に梁を渡し古い形式の蟇股を配しています。
主神は崇道天皇ですが、明冶の神社明細帖には素戔鳴命(すさのおのみこと)と記されています。
もとは灯明寺を守護する鎮守社でしたが、今は兎並地区の氏神となって残っています。

名称 御霊神社
年代 南北朝時代
銘文抄
所在地 木津川市加茂町兎並
アクセス JR加茂駅東口から東へ約2q