本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

薬師橋の道標と薬師寺TEMPLES & SHRINES

 

・薬師寺は元禄15年(1702)転宗事件で寺を失った浄土宗の人たちが無住であった薬師堂を新しい檀那寺にしたものです。

文政年間(1818〜30)に度々水害に見舞われたため船屋から現在地に移転したと伝えられています。

 

・新川にかかる薬師橋のたもと、三叉路になっている東端に道標が一本と小さな石龕仏が並んで建っています。

この道標は「右 なら道 加茂大明神」「左 いがいせ」「天保11年建立」の銘が刻まれています。

新川堤防上の道は、かなり昔から利用されていたようです。

名称 薬師寺
年代 江戸時代 
所在地 木津川市加茂町兎並
アクセス JR加茂駅東口から東へ約2q