本文へスキップ

美しい自然・寺社・文化財の町 加茂

行ってきました! EXCURSION WALKING

平成29年3月9日(木) 
~京都府 お茶コース エクスカーション~


 ◆3月9日(木)海住山寺


海住山寺を外国の方々にご案内しました。

京都府の『お茶の京都』に関しての事業の一環です。

まずお寺の成り立ちから・・
ちょっと複雑すぎたかな。

The history of Kaijyusenji is a little bit complecated.

 ◆おみくじに興味津々

見ていると多くの方がこの写真を撮っていました。

They are interested in the fortunetelling slips.
 
  ◆国宝 五重塔

1214年に完成した国宝の五重塔です。
後鳥羽上皇より賜った舎利二粒に五粒を加えて安置したと伝えられています。
内部には四天王像を安置しています。
心柱が初層の天井の上にあって、礎石の上に立っていないのは五重塔としてははじめてのものといわれています。

The wooden five-story pagoda is about 17.7m high, and is build in 1214.
Buddha's bone were enshrined in the pagoda.
 ◆本堂

前日3月8日が厄除けの大祭だったのできれいな幕が飾り付けられていました。

The main hall is decorated beutifully. They had big ceremony for avoidance of bad luck yesterday.
 
   ◆やまもも

京都の自然200選に選ばれているやまもも。京都府内最大のものです。

This Japanese bayberry is the biggest one in Kyoto.
 加茂町一望

本堂の右の坂を上がっていくと加茂町を見渡せる広場があります。

You can enjoy a great view of Kamo town.

 
  なすび?!

なすにはあだ花がない。必ず実を結ぶということで縁起物として置かれています。子宝に恵まれるとか。

それを説明すると、お友達に教えてあげる人も・・
『あなた女の子が欲しかったんじゃない?』って・・聞こえちゃった。
跨って写真を撮る姿も見られました。

The eggplant here is placed for being blessed with children.



 ◆ 鬼瓦

個人的に鬼瓦が好きなので載せちゃいました。

I don't know how to say onigawara in English. You can see gargoyle tiles at a corner of the roof.


 
   福寿園

230年程前、茶商の福井伊右衛門によって現在の木津川市山城町で創業されました。
日本家屋に多くの外国の方が興味を示され、写真を撮られていました。


The famous tea bland "Iemon" was established in 1790 here,Yamashiro town in Kizugawa city.
 伊右衛門のイ

オシャレ

This is a rain gutter. You can see “イ” on it. It's cool.
 
   ◆茶問屋街について

中津川先生に山城町上狛の茶問屋街について教えていただきました。

Just take a picture.
Not enter the yard!
 森徳の茶本店

森徳さんでお茶をブレンドする様子や茶葉を細かくするなどの加工の様子を見せていただきました。

日本人の私たちも始めてだったので、見せて、教えて状態でしたが、快く教えていただき、お茶もご馳走になりました。

韓国の方とお話しましたが、日本のようなお茶ではないそう。同じお茶文化を持つアジアの国でも違うんですね。

"Moritoku no Cha Honten", processor of Japanese tea shows us how to blend the tea and cut it into small pieces.
It was my first time to go into a tea processing factory.Wow!
 
 

copyright©2016 Furusato Annai Kamo ;all rights reserved.